京都人

台湾にとどける京の真髄
京都の人々が本当に通う場所

京都人 > Kyoto-jin Selection > 前田珈琲×Prime Property

前田珈琲×Prime Property

京都の文化的名建築で味わう自家焙煎珈琲

建築プロ集団「プライムプロパティ」が叶えた「前田珈琲」の特別な空間 京都の街には魅力的な喫茶店が多い。なかでも地元京都人に40年以上愛されているのが「前田珈琲」だ。こだわりの自家焙煎コーヒーや、すべて手作りのフード類やスイーツなど、提供されるメニューの質が高いのはもちろんだが、前田珈琲の最大の特徴は、文化的に価値の高い名建築で店を構えていること。
 世界遺産二条城にある茶室や、国の重要文化財の指定を受ける旧日銀京都支店の金庫室など、京都でもまたとない特別な場所に、前田珈琲が新たな生命を吹き込んでいる。「このうえない贅沢な空間でお茶が飲める幸せ」を存分に味わえる喫茶店だ。

前田珈琲がプロデュースする本格イタリア料理「trattoria MAECO」がニューオープン 京都の中心部に7店舗を構える前田珈琲。その全ての店舗の改装や新店の建築に携わっているのが、建築プロジェクトチーム「Prime Property」である。建築プロデューサーとして活躍する株式会社スペックの岡本浩市郎氏と、数多くの工事経験を積んできた紅谷工務店の紅谷祐司氏の2人が率いる、京都で今、注目の建築プロ集団だ。
 前田珈琲が新業態へのチャレンジとして2015年6月にオープンしたイタリアン「trattoria MAECO」も、Prime Propertyが手掛けた新店である。リーズナブルな料金で本格的なイタリアンが味わえると、早くも評判の人気店だ。喫茶店として長年愛されている前田珈琲の経験を生かし、モーニングも提供。ランチ、ディナーとどの時間帯でも楽しめるのが嬉しい。

不可能を可能にする建築プロ集団
「Prime Property」
 前田珈琲の社長、前田剛氏は彼らを評してこう話す。「MAECOの時は、天井の高さや、厨房の設置場所といった自分のこだわりを叶えるため、限界まで工夫を重ねてくれました。ひとつ店を立ち上げたり、改装することは、完成後からは想像できない苦労が隠れています。排水や換気、消防法や建築に関する規制など、ひとつずつクリアするための知恵、経験、知識、行動力が必要です。本店2階の改装の際も、1日も店を閉めずにやり遂げてくれました。以前は誰に頼んでも『営業しながらは無理』って断られていたんです。不可能を可能にしてくれるチームですね。」
 古い京町家や文化財といった、一般的な物件よりもはるかにハードルが高い建物を店舗としている前田珈琲。その建築を任されていることこそ、Prime Propertyの高いスキルを物語っている。チームの親方である紅谷氏は話す。「『京都で飲食店や宿泊施設を経営したい』という方の力になれると思います。格式高い前田珈琲さんの改装も任されご満足いただくなど、熟練の職人からエネルギーに溢れた若い人材も多く、チームワークの良さはどこにも負けません。それが仕事の早さと丁寧さにつながっています。」
続けて岡本氏も、「私たちのもうひとつの強みは、京都で商売を始めるために必要な許認可に関する知識とノウハウを持っていること。物件探しから建築、実際にビジネスを始める瞬間までしっかりとフォローさせていただきます。」
建築プロジェクトチーム「Prime Property」は、店舗オーナーとして京都で成功する心強いパートナーだ。

  • 前田珈琲×Prime Property写真1
  • 前田珈琲×Prime Property写真2
  • 前田珈琲×Prime Property写真3
  • 前田珈琲×Prime Property写真4
  • 前田珈琲×Prime Property写真5
Shop Data
店舗名 前田珈琲×Prime Property
住所 京都市中京区蛸薬師通烏丸西入ル橋弁慶町236
電話番号 075-255-2588
営業時間 7:00〜19:00
定休日 無休
URL http://www.maedacoffee.com/
LINEで送る
Pocket

京都人・最新刊

Vol.004

下緑町

2016年6月発行

設置場所はこちら

京都人について

京都人004_Kyotojin004

Pick UP

Kyoto-jin News

LANGUAGE

日本語 繁体中文