京都人

台湾にとどける京の真髄
京都の人々が本当に通う場所

京都人 > Kyoto-jin Selection > 焼肉 弘 八坂邸

焼肉 弘 八坂邸

京都の伝統の中で 新しい焼肉文化を発信する

お店にいる間、どれだけ満足していただけるか。雰囲気、サービス、料理、トータルで魅力のある店に磨いていきたと思っています。

 1976年創業の老舗精肉店ミートショップヒロ。その次男である西田哲也さんが店で一頭買いされる和牛を使い、京都らしい焼肉を食べさせる「弘」を始めたのは今から20年前のこと。当時、京都では韓国風の付けタレ焼肉が主流の中、和牛を使った新しいスタイルの焼肉は評判を集め、いまや信頼ある名店となりました。そこに至るまでの道のりを社長の西田哲也さんに伺いました。
 
 弘の1店目がオープンしたのは1997年。当時、焼肉店は1人1万円もする高級和牛店か、安い輸入肉を出す大型チェーン店が中心。しかし、もっと和牛の素晴らしさを知ってもらいたい。そのために「手頃な値段で、美味しい和牛を食べてもらおう」と焼肉店を始めたのだ。しかし初めから上手くいったわけではない。肉屋が選んだ上質な和牛を安く食べてほしいと思って始めたものの、売り上げは鳴かず飛ばず。肉屋が営む焼肉店ならではの良さとは? もう一度考え直したと言う。
 「単に上質な肉が食べられるということではなく、肉の専門家だからこそ『こんなに美味しい食べ方もありますよ!』と、様々な部位の新しい食べ方を提案するべきだと気が付いたんです。」それからは方針を転換。一頭買いの利点を活かし、ホルモンをはじめ、貴重な部位を上品な料理にして提供。これが功を奏し、今では京都を代表する焼肉店になった。
 現在、京都市内に8店舗ある「弘」だが、各店それぞれの、町の雰囲気に合わせた店作りとメニュー構成が魅力だ。大きくは3タイプあり、京都らしい雰囲気の店内で和牛ロースやカルビ、ホルモンなどがリーズナブルに食べられる「京の焼肉処 弘」が4店、お肉屋さんの夜ご飯をテーマに、ホルモンチャーハンやモツ煮込みなどが食べられるカジュアルな「肉屋 弘商店」が2店、そして高級感ある店内で最高級和牛を京懐石仕立てで出すのが「京やきにく懐石 弘」だ。こちらも2店あり、中でも「八坂邸」は、約100年前に建てられた大豪邸。後に映画会社の手に渡り、往年の映画スターなども滞在した由緒ある建物だ。
 「せっかく京都に来ていただくのだから、料理以外でも、店の雰囲気やおもてなしで京都らしさを感じていただきたいと思っております」と西田社長。進化し続ける弘の店作りに目が離せない。

  • 焼肉 弘 八坂邸写真1
  • 焼肉 弘 八坂邸写真2
  • 焼肉 弘 八坂邸写真3
  • 焼肉 弘 八坂邸写真4
  • 焼肉 弘 八坂邸写真5
Shop Data
店舗名 焼肉 弘 八坂邸
住所 京都市東山区小松町11-9
電話番号 075-525-4129
営業時間 17時〜24時 (ラストオーダー 23時)
定休日
URL http://www.yakiniku-hiro.com/
LINEで送る
Pocket

京都人・最新刊

Vol.004

下緑町

2016年6月発行

設置場所はこちら

京都人について

京都人004_Kyotojin004

Pick UP

Kyoto-jin News

LANGUAGE

日本語 繁体中文